アキュラホーム 評判

無料!アキュラホームや他ハウスメーカーの資料や間取りプランをもらう

 

アキュラホームの注文住宅の評判は!?

アキュラホームは、関東埼玉で創業したハウジングメーカーです。当初はかなり安い住宅を出すことで知られていましたが、最近は価格もあげてきているといわれています。

 

 

こういったアキュラホームですが、注文住宅も手掛けています。アキュラホームの注文住宅の評判として、あげられるのが、価格の手ごろさと、そしてわかりやすさです。

 

 

アキュラホームの注文住宅は、先ほどのべたような、創業当時の坪単価21万円というような破格の家は、今では扱っていませんが、それでも、坪単価40万円程度から、という価格帯になっています。

 

 

こういったローコストな価格を、資材のネットワーキングによって原価をおさえるかたちで実現しているので、評判のよいものとなっています。

 

 

また、もうひとつのアキュラホームの特徴として、アキュラホームの注文住宅の分かりやすいネーミングというのがあります。ざっと見てみると、「オール電化の家」「高断熱高気密の家」「太陽光発電の家」といった機能性の高いアキュラホームの注文住宅シリーズや、「大収納のある家」「住み継ぐ家」といった、コンセプトをアピールした家、「3階のある家」「二世帯同居の家」「愛犬と暮らせる家」というものもあります。

 

 

 

このように、アキュラホームの注文住宅の名前は、素人でもわかりやすいというところに、けっこう評判があるようです。実際、他の大手ハウジングメーカーのネーミングだと、その名前だけでは、いったいどういった家なのかわからない、という事が多いものです。

 

 

こういった点において、アキュラホームの注文住宅は、非常に簡単なネーミングで、分かりやすく、ムダな説明の手間を省いているともいえます。

 

 

「オール電化の家」とか、「3階のある家」というのは、当たり前といえば当たり前で、他社であればオプションのひとつというようなものが、商品名になっているともいえますが、実際、利用者から見れば、分かりやすく、自分の求めるものを選ぶという点では、評判がよいのです。


アキュラホームの大収納のある家の評判

家を建てるときに、大切にしたいと思うポイントのひとつとしてあがってくるのが、収納力だったりします。特に最近、収納がたくさんある家がいい、とか、クローゼットや倉庫といったところをポイントとして希望する方も増えています。

 

 

こういった中で、定価格な家でありながら、収納力のある家を提供しているのが、アキュラホームです。アキュラホームは、1978年に埼玉で創立したハウジングメーカーです。創立当初は、かなりの低コストを売りにしていたハウジングメーカーでしたが、最近は、そのクオリティや商品でも評判があがってきています。

 

 

このアキュラホームの注文住宅の名前は、素人でもわかりやすいというところにもある意味定評があるのですが、この中に、アキュラホームの「大収納のある家」というのがあります。

 

 

たとえば、大収納の家だった場合は、収納力をアップさせて、すっきりとしたリビングスペースを確保できるような作りになっています。こういったスペース利用に、自分が求めているライフスタイルや「住み心地」がマッチする人にとっては、アキュラホームの「大収納のある家」は、魅力的になってくるのではないでしょうか。

 

 

とはいっても、他のハウジングメーカーが出しているような、たとえば蔵のある家ほどの、収納力まではいかないかもしれません。ただ、なによりアキュラホームの「大収納のある家」は、他のアキュラホームのシリーズと同様、低価格で建てることができます。坪単価としても、40万円程度となっているようです。

 

 

こういった意味で、リーズナブルに、収納のある家に住みたいというかたにとっては、アキュラホームの「大収納のある家」は、評判のよいシリーズだといえるでしょう。

 

 

価格に対して、何より収納がたくさんあることを確保したい、収納力は譲れない、という方は、アキュラホームを検討してみることをおすすめします。これ以外にもさまざまなコンセプトの商品がありますので、あわせて比較検討してみるのもよいといえるでしょう。

アキュラホームの営業の評判は?

アキュラホームというハウジングメーカーをご存知でしょうか。アキュラホームというのは、1978年に埼玉で創立したハウジングメーカーです。

 

 

創立当初は、かなりの低コストを売りにしていたハウジングメーカーでしたが、今では単価はあがったものの、クオリティもあがっているということで、一定の評価を得ているハウジングメーカーのようです。

 

 

このアキュラホームの営業の評判ですが、これも総じてよい評判が多いようです。アキュラホームの営業マンは、しっかりと教育されているという定評があります。

 

 

このアキュラホームの営業の評判のよさというのは、個人個人の営業マンさんの知識の豊富さだったりスキルの高さというのもありますが、アキュラホームならではの、営業システムというのも、ポイントになっています。

 

 

このアキュラホームの営業システムというのは、営業さんが、見積りをできるようにしているという点です。通常だと、見積もりをするのは、現場監督という場合が多いです。これを、アキュラホームでは営業マンが行えるようにしているのです。

 

 

こうすることで、見積りについての対応が、各段にスピードアップする、ということで、アキュラホームの営業の、良い評判につながっているといえます。

 

 

価格帯などについても、アキュラホームは、特に悪い評判も有りません。実際、価格のレンジとしても、40万円前後になっていますので、そこまで高くもなく、安すぎもせず、といった印象になります。

 

 

こういった中で、営業において、評判がよいというのは、お金をかけているからというだけではないといえるでしょう。お金をかけて一級建築士を多数おく、というような営業方針もありますが、アキュラホームの場合だと、営業努力や、営業マンさん個人の努力というところがあるのでしょう。

 

 

こういった点においても、大手とは違う魅力があるようです。アキュラホームは、こういった点でも評価され続けているハウジングメーカーとなっているといえます。

アキュラホームの注文住宅の口コミについて

マイホームを建てるにあたって、最近の場合だと、まず調べるのが、ハウジングメーカーのそれぞれの評判や口コミではないかな、と思います。

 

 

こういった口コミは、かなりの数を見つけることができるようになって、とても便利な指標になります。大手ハウジングメーカーであっても、こういった口コミがかならずいいとは限りません。もちろん、口コミがすべてではありませんが、営業さんの説明だけではわからない点も見えてくるという意味で、とても役に立ってくれます。

 

 

こういった中で、アキュラホームの口コミを見てみたいと思います。

 

 

アキュラホームというのは、1978年に埼玉で創立したハウジングメーカーです。このアキュラホームの口コミや評判で多いのが、「良くもないし悪くもない」というようなものです。

 

 

これは、特筆してよい点がないという意味では、あまりいい口コミというようには見えないところもあります。でも実際、ハウジングメーカーにおいて、口コミというと、本当に悪いものもたくさんあるというケースも有ります。

 

 

こういった中での、中途半端ともいえる評価というのは、悪くない位置づけだともいえるでしょう。悪い評判が少ないというのは、むしろハウジングメーカーとしては、よい点だといえるからです。

 

 

また、アキュラホームの注文住宅において、口コミで評価されている点となるのが、分かりやすさです。営業さんの説明もわかりやすかたったというようなコメントが多くあります。

 

 

さらに、アキュラホームの注文住宅は、非常に簡単なネーミングで、分かりやすいというのもあります。「オール電化の家」「高断熱高気密の家」「太陽光発電の家」という名前で、素人でも、自分が求めている家がすぐにわかります。こういった点で、ムダな説明の手間を省いているともいえるでしょう。

 

 

家自体も、単価に対して満足の行くつくりだというコメントがあり、高級感のあふれる家を求めているのではなければ、低価格でいい家を作れるハウジングメーカ−であるという口コミになっています。

アキュラホームの坪単価

アキュラホームのことを知っている人は、特に関東圏に多いのではないでしょうか。このアキュラホームは、1978年に埼玉で創立したハウジングメーカーです。

 

 

最初は、かなりの低コストを売りにしていました。創業当時の坪単価は、本当に低価格で、21万円となっていました。これは、今の格安住宅のレベル以上かもしれません。

 

 

ただ、こういったアキュラホームの格安路線というのは、今ではだいぶ変わってきているようです。今は、アキュラホームの坪単価というのは、だいたい坪単価40〜50万円というレンジになってきています。

 

 

実際、坪単価というのは、契約をした最初の段階の坪単価というのは、本当の最低価格の単価となります。それから工事が進むにつれて、いろいろとコストがかかってきます。

 

 

たとえば、外部の給排水・電気工事などです。こういったものを含めてくると、だいたい最終引渡し価格は、更に高くなっていく場合も多いと思ってよいでしょう。

 

 

とはいっても、アキュラホームの坪単価は、数あるハウジングメーカーの中では、は安い方だといっていいでしょう。

 

 

こういったアキュラホームの価格の安さというのは、コストの削減というところに理由があるといいます。アキュラホームでは、「アキュラシステム」というネットワークを使っていますが、このネットワーキングのおかげで、建築資材や建材を安く購入することができるのです。

 

 

そのため、アキュラホーム全体で、低コストを保つことができるといわれています。

 

 

アキュラホームは、10年ほど前から値上げ路線になっていはいますが、それと並行してクオリティを上げているという評判になっています。なので、現在では実績もかなりあがってきているようです。

 

 

地方都市ではあまり目にしないハウジングメーカーの部類に入るのかもしれませんが、もし、マイホームを考え始めて、モデルハウスなどに行った際、アキュラホームを見る機会があれば、ぜひ見てみる価値はあるといえるのではないでしょうか。

アキュラホームの値引きについて

夢のマイホームを建てよう、と思ったとしても、予算が無限にあるわけではありません。

 

 

こうなると、いろいろなハウジングメーカーの中から、コストパフォーマンスのいいハウジングメーカーを選びたい、と思うところです。

 

 

こういったコスト感の中で気になるのが、値引きになってきます。インターネットや、カタログなどで、各ハウジングメーカーの出している価格帯や単価を見ることもできますが、そこからさらに値引きをされるのであれば、より手が届きやすくなるというものです。

 

 

こういった中で、アキュラホームの値引きについても、見ていきたいと思います。このアキュラホームというのは、1978年に埼玉で創立した中堅のハウジングメーカーです。最初は、かなりの低コストを売りにしていたハウジングメーカーでした。

 

 

今は多少ねあがりはして来ていますが、坪40万円あたりということで、これでもやはりまだリーズナブルなハウジングメーカーの範疇となってくるでしょう。

 

 

こういったアキュラホームで、値引きを交渉するのであれば、きちんと最初から伝えることがよいといえるでしょう。アキュラホームの営業さんは、しっかりして丁寧であるということが評判です。

 

 

そのため、他のハウジングメーカーのように、「いいディーラーに出会えれば、いい値引きをしてもらえて、安く上げられる場合もある」といったような運しだいというとらえ方よりも、しっかりとこちらの予算などを伝えて相談をする、という形が良いのではないか、と思います。

 

 

もともとローコストを実現しているハウジングメーカーなので、大幅値下げは期待しないほうがいいです。

 

 

ただ、最初の打ち合わせの段階で、どの程度値引きを応じてもらえるのかを聞いておくのもよいでしょう。そうして、こちらの予算も伝えておいたうえで、契約書に捺印をする前に、値引いてもらえるか、いくらくらい値引いてほしいのだが、という形で交渉してみるというのも、効果的なのではないでしょうか。

 

 

また、事前に下記のサイトで、アキュラホームと他ハウスメーカーの支払総額をもらっておくと、

 

 

値引き交渉がすすめやすくなります。他社はこれぐらいでできますよと営業マンに交渉ができますので。

 

 

一度の入力で、複数の会社の資料や間取りが無料でもらえるのでおススメです(・∀・)b